emwizsに巻き込まれた日

ある日、emwizsの主より

新しいブログつくたよー

との連絡がありました。

 

この言葉はここ十数年の間、彼から幾度となく聞かされ続けた言葉です。

 

そしてその連絡を最後に「新しいブログ」はその時点でぱたりと更新が途絶えます。
残された私は「新しいブログ」がネットの海を彷徨う廃墟の一つとなり往くさまを、窓枠で死んでいる虫を見るような目でじっと見届けるのです。

 

さて、彼が何を勘違いしているのかは知りませんが、

 

私はブログの葬儀屋ではありません。

 

少なくとも私は更新が停止されたサイトを閲覧する稀有な趣味はありませんし、
ましてや放置されたブログを供養するようなサービスも行っておりません。

新しいとは名ばかりの廃墟ブログのURLを共有される、その意図をくみ取れずただただ困りまくっているだけなのです。

 

 

・・・おっと、熱くなってしまいました。失礼しました。

 

 

そう、そして今年もまた、やってきたのです。

 

新しいブログつくたよー

 

私としては軽くホラーです。
またよく分からないまま「新しいブログ」とやらの最期を見届ける時がやってきたのですから。

ただ、今回は一味違うようでした。パターン化されていた流れを覆す、サプライズが隠されていたのです。

 

オマエのアカウントつくたよー

 

それは当然のように、現実を疑ってしまうほど自然に巻き込まれました。
さあ喜びなさい。サプライズは大成功です。

 

内容はなんでもいいよー

 

参加については有無をいわせなかった分、ここで私の意思を尊重してくれる優しさを発揮してくれました。

感動です。

しれっと今回はじめて廃墟でないアクティブなサイトを閲覧することができました。

感動です。

よく耳にする「献立リクエストにおいて、なんでもいいが一番困る」の気持ちが痛いほどわかりました。

感動です。

 

そんな彼の行動が面白かったのでこうして記事を投稿するに至りました。
最近主流になっているSNSが基本肌に合わず、ブログが恋しくなっていたというのもありますが。

ちなみにSNSは短い文章で分かりやすく情報が得られる手軽さというメリットがあると思っているのですが、
その反面細かなニュアンスが伝わらず、誤解を招くことも少なくないので
個人的にはブログ形式で文章を書く方が好みです。

どちらも上手に使い分けができるとかっこいいですね?

 

それでは、長くなりましたがこの辺で。

 

じゃ、さらばだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です